コーヒのプロを目指そう~バリスタスクールで専門知識を学ぶ~

厨房

なかなか険しい道程です

コーヒー

コーヒーのプロになるべくバリスタを目指して勉強している方は多くいます。バリスタにはいくつかの資格があります。民間の資格で国家試験ではありませんが、視覚を持っておくとスキルが証明しやすく、就職の際などにも有利なのでとっておくと良いでしょう。バリスタの資格は日本にも何個かあります。資格取得の流れがわかりやすいように有名なJBAバリスタライセンスの取得の流れを参考にしてみます。バリスタの資格をとるには認定スクールで受講する必要があります。この終了後、1年未満の方が対象で、またバリスタとして働いたことがある人でないと試験を受けることが出来ません。スクール受講ではコーヒーの基礎知識を細かく学びます。豆の種類やロースト法、またブレンドの仕方などです。またエスプレッソマシンの扱い方、カプチーノの製造技術などを徹底的に学びます。受講日数は2日間で受講後試験を受験することが出来ます。試験は筆記の学科試験と実技試験です。バリスタの資格は4段階に分かれており、レベル1~レベル3までありその上がインストラクターです。試験ごとにきちんとスクールの受講を受けて受験する必要があり、取得後一年、経験を積まないと次のレベルの試験をうけることが出来ません。このためインストラクターの資格を持つ人は少なく、貴重な存在です。またライセンスは有効期限があり、更新する必要があります。せっかく頑張って取得しても、更新しないと期限切れになり失効してしまいますので、期限内に更新するようにしましょう。